要らなくなった炊飯器の処分方法について紹介!

アイテムの処分方法

炊飯器が壊れて新しいものに換えるとき、古い炊飯器をどう処分しようか迷う人は少なくないはずです。

管理人
管理人

私の実家にも使っていない炊飯器があったのでこの前処分したのですが、処分方法がわからず、ネットでいろいろとリサーチしました。

その体験談をもとに、今回は要らなくなった炊飯器の処分方法をご紹介します。

炊飯器を買い替える予定の人や、不要な炊飯器が手元にある人はぜひ参考にしてください。

炊飯器のゴミの分類は?

一口に「炊飯器」と言っても、サイズや種類がさまざまなので、ゴミの分類もいくつかにわかれます。

まずは3つの分類について説明しましょう。

不燃ゴミの場合

炊飯器が不燃ゴミとして捨てられるかは、自治体のルールによって異なります。

どんなサイズでも粗大ごみ扱いになるなら、小さい炊飯器でも不燃ゴミとして捨てられません。

サイズによって不燃ゴミか粗大ゴミか変わる場合は、規定サイズが自治体のホームページに記載されているはずなので確認してみましょう。

不燃ゴミとして捨てる場合、どの指定袋を使うのか、指定袋ではなく透明のビニール袋なのかは自治体ごとにルールが違いますので、この点も含めて確認してください。

粗大ごみの場合

粗大ごみとして捨てる場合は、まず自治体で回収の予約をとります。

その後、回収日が決まったらリサイクル料金を事前に支払い、回収当日に指定場所へ炊飯器を置いておけば処分完了です。

小型家電リサイクル法の対象

炊飯器は「小型家電リサイクル法」の対象なので、自治体に回収ボックスが設置されている場合もあります。

回収ボックスがあれば無料で回収してもらえるケースがほとんどなので、ごみとして処分する前に、回収ボックスの有無を確認してみましょう。

炊飯器の処分方法

では次に、炊飯器の処分方法を見ていきます。

自治体で処分する

自治体で処分するとは、ごみとして処分するか、小型家電リサイクル法に当てはまる家電用の回収ボックスに入れて処分することを指します。

壊れていたり、使えるけれどボロボロになっている炊飯器は、売るのが難しいので自治体で処分したほうが良いでしょう。

買い替えで購入店で下取り

炊飯器を買い替える場合、購入店で下取りしてもらえる場合があります。

下取りに値段がつけば、新しい炊飯器の購入費用から差し引いてもらえるので節約につながるでしょう。

リサイクルショップで売る

買い替えではなく、ごみとして捨てるにはもったいない炊飯器なら、リサイクルショップで売るのも一つの方法です。

リサイクルショップは営業時間内なら基本的にいつでも買い取ってくれます。

炊飯器1台ぐらいなら運ぶ手間もかからないので、女性でも持ち込みできるでしょう。

ただし、古い炊飯器や劣化がひどい炊飯器は買い取ってもらえないケースもあるので、あまりにボロボロなら自治体で処分したほうが良いかもしれません。

フリマアプリを利用する

人気の炊飯器や状態がよく新品に近い炊飯器は、フリマアプリだと思ったより高値で売れる場合もあります。

売れそうな炊飯器なら、まずフリマアプリで相場価格を確認してみましょう。

送料や手数料を抜いてもいい値段になりそうなら、売ったほうがお小遣い稼ぎになります。

身内や知人に譲る

要らない炊飯器を現金化することに拘らないなら、身内や知人に譲るのも良いでしょう。

必要としていない人が周りにいないか、一度声をかけてみてください。

不用品回収業者に依頼する

炊飯器だけでなく不要なものがたくさんあるというなら、不用品回収業者に依頼してはいかがでしょうか?

不用品回収業者は炊飯器はもちろんのこと、テレビや家具、粗大ごみまでもまとめて回収してくれます。

買取も行っている業者なら、使えるものは買い取ってくれるので便利。

私の実家は炊飯器以外にも不用品があったので、不用品回収業者にまとめて回収してもらいました。

費用はかかりましたが、数時間で片付いたのでかなり楽でした。

まとめ

要らなくなった炊飯器はごみとして自治体に回収してもらえますが、まだ使えるなら、他の方法でリサイクルしたほうが地球に優しくなれます。

もし不用品がたくさんあるなら、私のように不用品回収業者へ依頼してはいかがでしょうか?

私が利用した不用品買取センターは、即日対応してくれ、大量の不用品もあっという間に片付けてくれました。

処分に手間をかけたくない人におすすめなので、一度見積もりだけでもとってみてください。

処分の関連記事として「古い携帯電話の処分方法」についての記事がありますので、是非参考にしてみてください。

使わなくなった古い携帯電話の処分方法について紹介!
新しい携帯電話を購入した際、古い携帯電話はどう処分すれば良いのかわからず、もしかすると溜め混んでいる人もいるかもしれません。 使わないものを保管しておいても場所をとるだけなので、できるだけ速やかに処分してしまうのがおすすめ。 ...